十日町地域消防本部
HOME > 各課・分署・所 > 火災予防

メインメニュー
   コ ン テ ン ツ
生活安心情報
消防統計
試験・講習会
申請・届出書
各課・分署・分遣所
キッズコーナー
リンク集


 

山火事予防運動を実施します

実施期間 : 平成22年5月1日(土)〜5月7日(金)まで

統一標語

〜 消さないで 小さな命の 帰る場所 〜

  火災予防運動の目的
 この運動は、広く国民に山火事予防意識の啓発を図るとともに、予防対策を強化し、
森林の保全と地域の安全に資することを目的とする。
重点目標
(1) 枯れ草などがあり、火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと
(2) たき火など火気の使用中はその場所を離れず、使用後は完全に消火すること
(3) 強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと
(4) 火入れを行う際、許可を必ず受けること
(5) たばこは、指定された場所で喫煙し、吸殻は必ず消すとともに、投げ捨てないこと
(6) 火遊びはしないこと
十日町市消防団 団本部女性部提供イラスト
   
 あなたが車から捨てた”1本のたばこでも、それが取り返しのつかないほど燃え広がる可能性がきわめて高いのがこの季節。山火事の原因のほとんどは、たばこや焚き火の不始末など人為的なものばかりです。いったん発生してしまった山火事を消火することは決して簡単なことではなく、時には財産ばかりか人命の危険を伴うこともあります。一人ひとりの心がけによって山火事を防ぎ、大切な森林を守りましょう。

山菜取り、山歩きによる事故にも注意

山中で救助される登山者
 春の山菜は美味しいものが多いですが、毎年この時期になると「山菜採りに伴う事故」が後を絶ちません。
 「自分は大丈夫」なんて思っていませか?山菜採りの時は、常に下を向いているわけですから、方向を見失いがちになります。「何処かな」と気がついたときは、自分がどこにいるのか分からなくなり、パニック状態に陥り遭難してしまいます。
 また、夢中になりすぎて危険な所まで山菜を取りに行ってませんか?
毎年、転落事故が当地域では起きています。
 楽しい山菜取りなども危険と隣り合わせということを決して忘れないようにしましょう。
〜山菜採りに伴う事故防止チェック表〜
1.一人では行かないようにしましょう。 一人ほど危険なものはありません。

2.家族や友人に必ず行き先と帰る時間を知らせましょう。

3.一緒に入った仲間と声を掛け合ったり、ラジオを鳴らすなど、絶えず位置を知らせ合いましょう。

4.歩いた場所が分かるように、テープ等で目印を付けましょう。

5.万一に備え、目立つ服装をし、笛や雨具を持ちましょう。

6.携帯電話や非常食・熊除けの鈴やラジオを持ちましょう。
 
問合わせ
十日町地域消防本部 予防課予防係  電話:025-757-1557(内線263)
十日町地域消防署 防災救助係     電話:025-757-1558(内線241)

 
Copyright(c)2007 Tokamachi Fire Department All Rights Reserved.